• caracterejewelry

アコヤな話④

さまざまなジュエリーが

引き継いでいく、

想いを繋いでいくお品とされてきました。


その中でも真珠は

喜びの日にも

悲しみの日にも

その人の人生に寄り添うジュエリーとして愛されてきたように思います。


今日は、そんな真珠が彩る人生の節目をご紹介します。



○厄年の厄除け

厄除けとして良いとされる七色のもの。

真珠特有のオーロラ色、海のパワーを内包する真珠は御守りとなるといわれます。


○成人式、新社会人なお祝い

ヨーロッパには成人する娘へパールのネックレスを贈る習慣があるそうです。

大人の女性への一歩に、ほんものの真珠を贈るのも素敵です。


○真珠婚

結婚30年目は真珠婚式です。

積み重ねた日々、これからまた積み重ねていく絆は、真珠層の重なりのように深く光るものであると思います。

感謝と記念のお品となります。


ご結婚や卒入園、さまざまな節目と共に過ごすジュエリーは本当に特別なものとなります。




『産まれた娘へ、毎年一粒の真珠を贈りたい、そして二十歳の誕生日にネックレスへと仕立ててあげたい』

少し前にご相談を受けました。

20年、その方と繋がっていく責任を感じつつ、とても喜びのあるご相談でした。


紡ぐ時と人に光を添える真珠。

カラクテルでも今後も大切に扱い、皆様に発信していきます。




アコヤな話 おまけ👇

うちの娘は7歳です。

本真珠の知識がほぼなかった私が

なんだかとても惹かれてつけた名前。

それは、偶然にも真珠用語で最高の美しさをもつことを表す言葉でした。

そんな娘は、うちにある本真珠の中からお気に入りの一粒を選び、

ジュエリー加工の予約済み。

故郷の真珠、娘の名前。。

なんだか勝手に運命だわぁとか思ってしまうのでした笑


アコヤ真珠ジュエリーのお問い合わせ、ご注文はDMやHPから♡

  • Facebook Black Round
  • Instagram Black Round

© 2023 caractereで作成されたホームページです。